ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/05〜03/08 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

松山英樹 開幕2日前に体調不良「もう大丈夫」

2020/03/05 07:01


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 事前情報(4日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

開幕2日前の3日(火)、会場に姿を見せなかった松山英樹は開催コース近くの自宅で静養していたという。「ずっと寝込んでいました。風邪をひいてしまった。月曜の夜くらいからおかしいなと思っていて。朝、起きたらやっぱり頭が痛くなった」。一夜明けた4日(水)は「もう、ぜんぜん。大丈夫」と元気にプロアマ戦で18ホールをプレーしたが、「毎年ここで調子が、体調がおかしくなるのはなんでかな…」と首をひねった。

<< 下に続く >>

アーノルド・パーマーの冠大会に、松山は今年で6年連続の出場を果たす。過去5戦はいずれも決勝ラウンドに進み、2016年大会の6位が最高位。ワイドオープンで池(湖)が多く絡むコースはもちろん攻略のしがいがあるとはいえ、どうも調子の波が合わない。

「なかなかうまくプレーさせてくれないというか。自分の思ったショットを打てない、何か調子が狂ってしまうことがある。きょうもその傾向なのかなと思いながら」。毎日自宅から通勤するツアーで唯一の試合は、消化不良が続いてきた。

2週前の「WGCメキシコ選手権」までに2試合連続でトップ10に入った。上り調子で迎えた前週のオープンウィークは「練習とトレーニングはしっかりできた。パッティングも結構できた」という。「けど、きのうの休みでまあまあ、どっか行っちゃいましたね」。プロアマでは1Wショットを右に曲げるシーンにイライラを募らせるシーンもあった。

3シーズンぶりの優勝が、ゴルフ界の王様が残したトーナメントなら“復活劇”はより輝く。「それはすごく望んでいますけど、まず初日、2日目をどう乗り切るかで変わってくる。今の状態では2日間、結構苦労しそうな感じ」。初日は強風の予報で「(自分の)調子が悪いので、逆にそっちのほうがいいかな。みんな苦労すると思うので、気持ちを切らさずにやれたら」と我慢比べを待ち望んだ。

「きょうの午後は時間があるので(調子を)合わせたい」と調整に必死だ。第1ラウンドのティオフも、午後0時10分(日本時間6日午前2時10分)と遅い時間帯。幸運として捉えたい。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!