ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ビュイックインビテーショナル
期間:01/24〜01/27 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

タイガーとミケルソン、シーズン初戦の初日を振り返る

タイガー・ウッズ(5アンダー3位タイ)
「ティーショットがいまひとつだった割には、うまくスコアをまとめられました。ティーショットは、ドライバーだけじゃなくフェアウェイウッドでもうまく打てませんでしたからね。でも、アイアンショットとパットは良かったと思います。序盤はグリーンのスピードを掴むのに苦労しましたが、タッチが合うようになってからはうまく決まりました」

フィル・ミケルソン(2アンダー21位タイ)
「寒さと強風で厳しいコンディションでしたし、思い通りのゴルフができなかったにも関わらずアンダーパーをマークできたので満足です。何度もパーを拾ったのが大きかったですね」

タイガー・ウッズ
「サウスコースでの67は、いつでも嬉しいですね。それにしても、今日はピンそばへ寄せるのが難しかったですね。とてもソフトなグリーンの奥にピンがあったホールが多く、残り120ヤードぐらいから9番アイアンで軽くスピンをかけるつもりで打っても、4メートル前後もボールが戻ってしまいましたからね。試練の一日でしたが、我慢のゴルフを続けました。とにかくグリーンへ運んでパットを沈めること。ワン・パットで決まらなくても、セカンド・パットを確実に決めるつもりでプレーしました」

フィル・ミケルソン
「寒くて風が強かったのでスコアを伸ばすのは難しいと覚悟していました。それにグリーンがソフトだったので、ピンそばへ運ぶのが難しかったですね。でも、多くの選手がアンダーパーで回っていますから、アンプレヤブルに近いコンディションではありませんでしたけどね」

タイガー・ウッズ
「出だしの3ホールをパーでまとめたことで、競技のカンを取り戻せました。自宅のあるアイルワースでは歩いてラウンドするわけではありませんし、ミスショットをしたら、もう1球打ってプレーしていますから、実戦とは大違いです。でも、今日は最初の3ホールで競技のカンが戻りましたし、大会における緊張感と闘争心の両方が蘇ってきたと感じました」

フィル・ミケルソン
「久しぶりに調子は良いですし、過去数日間いい手応えを感じていました」

ミケルソンがこの「ビュイックインビテーショナル」でPGAツアーのシーズンデビューを果たしたのは、キャリアで2度目のこと。前回、2005年はこの大会で56位タイだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。