ニュース

米国男子AT&Tクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 AT&Tクラシック
期間:05/15〜05/18 TPCシュガーローフ(ジョージア州)

米ツアーで初優勝を果たした、今田竜二の喜びの声

2007年の「AT&Tクラシック」、プレーオフでザック・ジョンソンに敗れた今田は、今年の大会前にその雪辱を果たしたいと、熱い胸のうちを語っていた。今年はプレーオフで勝つ結果となったが、果たして本人は雪辱を果たしたと感じているのだろうか?

今田竜二
「借りを返してもらった気分です。今日は、10番で2メートル半ぐらいのパットを沈めたのをきっかけにバックナインでは波に乗れました。その次の11番では、3メートル半のパットを沈めました。自分の名前がリーダーボードの一番上にあるのを見て、このまま最後まで行くんだと自分に言い聞かせました。17番でパーをセーブできたのも大きかったです」

記者
「プレーオフ1ホール目、18番の2打目は、2007年とほぼ同じ所からでしたね」

今田竜二
「ええ、プレーオフで池に入れたあのショットと同じでした。今年の方がライは良かったですが、場所はほとんど同じでした。ペリーがバーディを取ると思っていたので、なんとしても池を越えたかったのです」

記者
「このひとホールだけで天国と地獄を見ましたね」

今田竜二
「本当ですね。こんな経験はここだけです。今はまさに天国に居るような気分です。2007年は辛い思いをしただけに、喜びもひとしおです」

記者
「この優勝の持つ意味は?」

今田竜二
「それは、私がPGAツアーのチャンピオンであるという事です。子供の頃から憧れていたPGAツアーに出るために、14歳でアメリカに来ました。その夢が実現しただけでなく、優勝できたのですから、最高の気分です」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 AT&Tクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。