ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

「まだまだ足りない」石川遼は2年ぶりの米ツアーで収穫

2019/10/28 18:18


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 最終日(28日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

2年ぶりの米ツアー出場となった石川遼は、前日から2日間にわたった第4ラウンドを3バーディ、3ボギー1ダブルボギー1トリプルボギーの「75」と精彩を欠き、1オーバー51位で終えた。

前日は15番のグリーン上で、10mのダブルボギーパットを残して日没サスペンデットになった。この日の再開後、2パットでトリプルボギーとすると、続く16番(パー3)でダブルボギーを喫し、2ホールで5つ落とした。しかし、17番、18番(パー5)を連続バーディとし、次戦につなげた。

「これで終わりじゃないし、これからが大事だと思っています。残念というより悔しさはありますけど、これから何をやっていくべきかも見えましたし、トップの選手たちと回れたのは刺激になりました。まだまだ足りないところがありますね」と前を向いた。

優勝したタイガー・ウッズとは20打の差がついた。「これだけ月曜日から色んなイベントがあって忙しい中で、試合にフォーカスできる切り替えや、43歳になっても衰えない体力的な部分は20代からの積み重ねだと思う。体があれば、これだけの技術を引き出せる。体作りはすごく大事なんだと思います。スイングのときに、どの筋肉を使っているかも参考になった」と様々な刺激を受けた。

初めて日本で開催された米ツアー。「日本のゴルフ界にとっても、日本人選手にとってもいいこと。ゴルフファンもいまは世界に目が向いていると思いますし、世界トップクラスの選手を近くで見られるというのは、とても魅力的なことだと思います。見たいという方がたくさんいることも良く分かりました」と1週間を振り返った。(千葉県印西市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。