ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

攻め続けた松山英樹「1個しか伸ばせない時点でチャンスはなかった」

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 最終日(28日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

首位のタイガー・ウッズを3打差2位から追った残り6ホール。松山英樹は伸ばすことしか考えていなかっただけに「残り6ホールで1個しか伸ばせない時点でチャンスはなかった。最低でも3つ、4つは必要だと思っていたので、そういうプレーがで出来なくて残念でした」と口調に悔しさを込めた。

<< 下に続く >>

出だしの13番(パー3)でピン右7mのチャンスにつけたがパー発進。14番(パー5)で1Wを振り抜くと「フォアー!」と叫んだ。フェアウェイ右のロープを超え、ラフにつかまったが、レイアップ後の3打目をピン奥1.2mへつけてバーディチャンスをつくった。しかし、カップ右をなめてパー。グリーンを降りると、自分自身に(何をやっているんだ)と言わんばかりに右足をポンとたたいた。

波に乗り損ね、続く15番では「ミスが続いた」とフェアウェイ右サイドからの2打目をピン手前10mへショートし、2パットでパー。それでも、16番(パー3)でピンの右奥から7mのフックラインを読み切ってバーディをもぎとり、右の拳を握った。ウッズとの差を2打として、上がり2ホールへ。

17番でフェアウェイからピン手前5mにつけてバーディチャンス。「自信を持って打ったんですけどボール1個違った感じですね」と、微妙なスネークラインに揺れたボールはカップの左をかすめ、体をのけぞらせて悔しがった。2打差のまま迎えた最終18番。3Wでのティショットを右のフェアウェイバンカーへ入れると、ヘッドカバーでクラブを叩いた。

「イーグルを獲れば“ワンチャン”追いつけるかもしれない」と最後まで諦めなかった。グリーンが空くのを待つと、「普通だったら持たない」3Wを握り、残り267ydから2オンを狙った。直線では狙えなかったため、スライスをかけたが、曲がり切らず左のガードバンカーへ。バンカーからの3打目もカップを狙ったが「まだ技術が足りない」と大きくオーバー。攻め続けた結果、パーで終えた。

前日から2日間にわたったファイナルラウンドを、5バーディ2ボギーの「67」とし、ウッズとの3打差を縮めることは出来ず2位でフィニッシュ。2017年8月「WGCブリヂストン招待」以来、2年ぶりの米ツアー6勝目を、母国で挙げることは叶わなかった。

2018年11月「ダンロップフェニックス」以来の日本での試合。大雨の影響で金曜日は中止となり、土曜日は無観客試合となったが、そのほかの日は多くのギャラリーからの大きな声援が松山の背中を押した。「自分の状態はそんなに良くなかったですけど、たくさんのギャラリーの方々の応援のおかげでショットもぶれずに済みましたし、パットも入ってくれた」と感謝する。

前週の「ザ・CJカップ」(韓国)は3位。2週連続の上位フィニッシュに「悪くはないと思うので、いい状態をキープしていきたい」と前を向いた。(千葉県印西市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ZOZOチャンピオンシップ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!