ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全英オープン
期間:07/18〜07/21 場所:ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

初メジャーで予選通過 稲森「失うものない」 浅地「ガンガン行く」

◇メジャー第4戦◇全英オープン 2日目(19日)◇ロイヤルポートラッシュ(北アイルランド)◇7344yd(パー71)

日本勢8人が出場し、ともにメジャー初出場の稲森佑貴浅地洋佑が通算1オーバー58位で決勝ラウンドに進んだ。

<< 下に続く >>

稲森は1アンダー20位から出て、1バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「73」。「悪くてもパープレーで上がりたかった」と目標は下回ったが、前日の貯金が生きた。

前半はパーを並べ、後半12番(パー5)でバーディ先行。「波に乗るかと思った」が、14番でダブルボギー。ティショットを左にひっかけてブッシュへ入れた瞬間、カットラインを意識したという。

フェアウエイキープ率は前日の71.43%から64.29%に。日本ツアーで2015年から4年連続フェアウエイキープ率1位と“日本一曲げない男”でも「目まぐるしく回っていた」という風に神経をすり減らされた。

ポジションに納得はしていないが、「リンクスの洗礼を受けたと思って前向きになれる」と話し、「失うものはないんで、アグレッシブに攻めていければ」と最低目標を1日3アンダーに据えた。

一方、1オーバー54位から出た浅地は4番でダブルボギーを先行させて、「心が折れそうになったがなんとか踏みとどまった」とその後に2つ取り返して「71」。

「とにかくカットラインに戻すことが先決だったんで、攻めつつ守る、手堅いゴルフだった。あしたからはガンガン行ってもいいのかなと思う」と意気込みを口にした。(北アイルランド・ポートラッシュ/清野邦彦)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!