ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全英オープン
期間:07/18〜07/21 ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

松山英樹1年ぶり予選落ち シェーン・ローリーら首位

2019/07/20 05:18


◇メジャー第4戦◇全英オープン 2日目(19日)◇ロイヤルポートラッシュ(北アイルランド)◇7344yd(パー71)

1打差の2位で出たシェーン・ローリー(アイルランド)が6バーディ、2ボギーの「67」で回り、首位発進のJ.B.ホームズと並んで通算8アンダーで首位に立った。

通算7アンダーの3位に2017年欧州ツアー年間王者トミー・フリートウッドリー・ウェストウッド(ともにイングランド)。通算6アンダーの5位にジャスティン・ローズ(イングランド)ら3人。ブルックス・ケプカ、17年大会優勝のジョーダン・スピースらが通算5アンダーの8位で続いた。

日本勢は8人が出場。稲森佑貴浅地洋佑が通算1オーバーの58位で予選を通過した。

42位から出た松山英樹は3バーディ、3ボギー1トリプルボギーの「74」と落とし、通算3オーバーの87位。2年連続で決勝ラウンドに進めなかった。米ツアーで予選落ちを喫したのはそのとき以来で、1年ぶりとなった。

地元のロリー・マキロイ(北アイルランド)は通算2オーバーの74位、タイガー・ウッズは通算6オーバーの119位で、いずれも予選落ちした。

<日本人選手の成績>
58T/+1/稲森佑貴浅地洋佑
―以下予選落ち―
74T/+2/金谷拓実
87T/+3/松山英樹
98T/+4/藤本佳則
107T/+5/堀川未来夢
139T/+9/池田勇太
146T/+10/今平周吾

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。