ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ネスレ1回戦N 山下和宏 武藤俊憲

2015/09/11 10:00

HOLE123456789
山下和宏
武藤俊憲

HOLE10111213141516
山下和宏
武藤俊憲

■ 1H Par4 AS

1打目は両者フェアウェイキープ。2打目のアプローチ山下が見事ピンそば1メートル未満に寄せる。武藤は2~3メートルでグリーンオン。3打目、両者ともパットを確実に決め、両者バーディにより引き分け。

■ 2H Par5 山下和宏 1UP

ティショット、山下は見事フェアウェイ。武藤は惜しくも左ラフへ。 2打目、武藤アイアンで確実にフェアウェイキープ。山下はフェアウェイウッドでグリーンオンを狙い成功。ピンまで約6メートル。 3打目、武藤のアプローチは、グリーンには乗るが上りの7メートルを残す。武藤の4打目、パットを残り10数センチというところで入らず。山下の3打目は約6メートルのパットを惜しくも外した。その時点で両者残り10数センチで、結果山下が1UP。

■ 3H Par4 山下和宏 1UP

ティショットは山下がバンカー手前の左ラフ。武藤はフェアウェイ左側。2打目、山下グリーンを狙うも、やや強くグリーンの奥のラフへ。武藤はグリーンオン。残り8メートルほどにつける。 3打目、山下のアプローチは少し強く、ピンまで残り3~4メートルほど。
武藤のパットは逸れて、残り30センチほどを残す。 4打目、山下パットを見事決めてパー。武藤も確実に決め、両者パーで引き分け。

■ 4H Par3 山下和宏 1UP

1打目、両者1オンを狙い見事成功。ともに5~6メートルほどを残す。 2打目、山下わずかに上りのパットで、惜しくもバーディを逃す。対する武藤も僅かに球がそれ、バーディを逃す。結果3打目を両者とも決め、パーで引き分け。

■ 5H Par4 山下和宏 1UP

ティショットは両者ともフェアウェイキープ。武藤の方が20ヤードほど飛んだ。 2打目、両者とも見事グリーンオン。山下は約2メートル、武藤は4~5メートルほど。 3打目、武藤は下りのパットを外し、山下は上りのパットを外した。 4打目、残り20センチほどのパットをそれぞれ決め、両者パーで引き分け。

■ 6H Par4 AS

ティショット、山下は左ギリギリのフェアウェイキープ。武藤は右ラフへ。 2打目、武藤のアイアンは見事に飛びグリーンオン、残り2~3メートル。 山下はウッドを使うも、惜しくもグリーンの左ラフへ。 3打目、山下の見事なアプローチにより残り数十センチまで距離を縮めた。 しかし武藤がパットを見事に決める。バーディにより武藤1アップ。

■ 7H Par4 山下和宏 1UP

武藤、山下共にフェアウェイキープ。山下の方が10ヤードほど前。 2打目、両者ともアプローチでグリーンオンするが、武藤は残り7~8メートル、山下は残り3~4メートル。3打目、武藤僅かに右にボールがそれバーディを逃す。山下は見事にパットを決めバーディ。 山下1UP。

■ 8H Par3 山下和宏 1UP

1打目、山下残り約4~5メートルほどだが、グリーンカラーにボールが乗った。武藤はグリーンには乗ったものの、ピンまで約10メートル近くという厳しい距離。2打目、武藤は力加減は絶妙だったが、左に逸れてしまいバーディを逃す。山下は力みすぎたのか、やや強くピンより1メートル近くの距離。3打目、山下は無事にパットを決め、武藤は近かったので打たずに両者パーで引き分け。

■ 9H Par5 山下和宏 1UP

ティショット、山下はバンカー近くの右ラフへ、武藤は対称の左ラフへ。 2打目、山下はウッドで、武藤はアイアンで打ち、両者ともグリーン前のバンカー手前のフェアウェイ。山下やや前。 3打目、武藤のアプローチは少々弱く手前グリーンギリギリでオン。山下は若干強く右のグリーンカラーへ。 4打目、武藤6メートル近くのパットを惜しくも外す。山下は残り4~5メートルほど。しかし手前20センチほどで止まってしまい、バーディならず。 5打目は両者打たずにパーで引き分け。

■ 10H Par4 AS

ティショット、山下ロープを越え左の木々の中へ。武藤はフェアウェイキープ。2打目、山下木を避けた結果か、右へボールが飛びグリーン前のバンカーへ。武藤はナイスオン。残り2メートルまで近づけた。3打目、山下のバンカーショットは成功したものの、グリーンカラーギリギリへ、残り6~7メートル近くを残す。 山下の4打目、惜しくもパットを外す。 そして武藤の3打目、パットを見事決めバーディ。 武藤の1UPでASに。

■ 11H Par4 武藤俊憲1UP

ティショットは両者フェアウェイ、やや山下が前。 2打目、両者ともグリーンオン。武藤が残5メートルほど、山下は残り9メートル近くとなった。 3打目、山下のロングパットは右に逸れてしまい、武藤のパットもやや右に逸れてしまう。 4打目、近かった武藤が先に決める。残り60センチほどの山下も慎重に打ったが、ややそれたのか、カップに弾かれてしまった。よって、山下ボギー、武藤パーで武藤が1UP。

■ 12H Par5 武藤俊憲2UP

ティショット、山下は右ラフへ。武藤は左側のフェアウェイキープ。2打目、山下木の後ろの左ラフへ、武藤は見事2オン成功。3打目、山下のアプローチは強すぎて、右奥のラフへ飛んでしまう。 グリーンには乗ったが武藤の方が遠かったので武藤の3打目。12メートル近くあるロングパットで、残り1メートル未満まで寄せた。 山下4打目のアプローチはスライスしたのか弱く、グリーンには乗ったものの5~6メートルを残してしまった。山下の5打目は惜しくもパットを外し、ここでギブアップ。武藤は4打目で決めて武藤の1UP。

■ 13H Par3 武藤俊憲3UP

1打目、山下はグリーン右ラフへ、武藤は見事なグリーンオン。山下の2打目、アプローチが止まらず残り4メートル近くを残す。 山下3打目のパットを惜しくも外しギブアップ。 武藤の1UP。

■ 14H Par4 武藤俊憲2UP

ティショットは両者右ラフへ。山下のボールは山になっている打ちづらそうな部分へ飛んだ。2打目、武藤はグリーンカラーへ、山下はやや強くギリギリラフまで行った。 3打目、山下のアプローチで1メートル近くまで近づけた。武藤は、約4メートルほどのパットだったが、強すぎたのか直線状に2メートルほど転がった。4打目、武藤はその2メートルのパットを惜しくも外し、山下が1メートル近くのパットを決めて、結果山下1UP。

■ 15H Par4 武藤俊憲3UP

山下、武藤両者惜しくも左ラフ。2打目、山下ナイスアプローチで3~4メートルまで近づける。武藤は更にナイスアプローチ。2メートル近くまで近づけた。3打目、山下やや上りのパットで、いいコースだったが惜しくもカップに嫌われた。武藤はパットを確実に決めバーディ。結果、武藤が1UP。

■ 16H Par3 武藤俊憲3&2

1打目、武藤見事なグリーンオン。山下は惜しくもグリーンカラーへ被ってしまった。2打目、山下アプローチをするも少々強く、残り3メートルほど。武藤は残り6~7メートルのパットが惜しくも決まらなかった。 この時点で武藤のパーは確実なほど近かったので、山下の逆転がなくなりマッチ終了。




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~