ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米女子オープン
期間:05/30〜06/02 カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

比嘉真美子は「最後まで諦めず」メジャー3度目のトップ10

2019/06/03 11:24


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(2日)◇カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)◇6535yd(パー71)

初日から首位に立ち、4日間をプレッシャーの中で戦い抜いた。首位と1打差の3位から、日本人2人目のメジャー優勝を目指した比嘉真美子は、最終日は3オーバー「74」。序盤に5ボギーが先行したが、それでも上がり5ホールで2バーディを取り返し、メジャーで自身3度目のトップ10入りとなる5位タイで終えた。

最終18番はグリーン手前から1mに寄せてパーセーブ。すでに優勝の可能性は消えていたが、比嘉は右こぶしをぐっと握った。「18番をパーかバーディで上がれれば、トップ10に入れるというのはスコアボードをみて知っていたので、なんとかパーセーブできてよかったです」。

見えない重圧は覚悟していた。「緊張はなかったけど、自分のプレーができなかった。ショットのリズムがよくなかった」と、序盤の3番(パー3)でバンカーにつかまりボギーとした。その後もじりじりとスコアを落とす苦しい展開。11番(パー3)ではピンそば1mにつけるナイスショットを放ったが、「微妙なラインだったので、迷ったまま打ったのがよくなかった」と、このパットもカップの横をすり抜けた。

優勝した同組のイ・ジョンウン6(韓国)の後塵を拝しながらも、14番でようやくこの日初めてのバーディとした。16番では10m近いロングパットをカップに沈めた。終盤に粘りを見せて5位へ浮上。「焦りのようなものはなかった。苦しい時間が続いたけど、それでも前を向いてゴルフができた。それが後半のバーディにつながったと思うし、最後のよいパーセーブにつながった。そこだけはほめてあげられると思う」と胸を張った。

日本人による42年ぶりのメジャー制覇はならなかったが、「日本のコースとメジャーのコースは環境が違う。(メジャー優勝の)可能性が高いかと言われるとわからないけど、ゼロではないと思っています」とうなずいた。

「もっともっと上に行きたかったという気持ちが強い。でも4日間、最後まで諦めずに戦い抜いたので、どっと疲れが来ています」と漏らした本音。自身5度目の海外メジャーですでに3度目(18年/全英4位、13年/全英7位)のトップ10入り。そのときは、いつかきっとやってくる。まずはしっかり休養をとって、何度でもドアをノックし続ける。(サウスカロライナ州チャールストン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。