ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米女子オープン
期間:05/30〜06/02 カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

「食べて、寝たい」比嘉真美子はエネルギー回復を最優先

2019/06/02 10:20


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 3日目(1日)◇カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)◇6535yd(パー71)

前日はサスペンデッドを挟んで約7時間。この日は中断なしで5時間45分。長時間のラウンドに疲労の色は隠せなかったが、イーブンパー「71」で回った比嘉真美子は首位と1打差の通算6アンダー3位と好位置をキープした。

普段は2サムで組まれる決勝ラウンドだが、サスペンデッドの影響で3サムとなった。スタート直後の2番から、前の組のプレーを待つ長い1日が始まった。

4番、5番と長いバーディパットを沈めてスタートしたが、7番でショートサイドのバンカーに入れてボギーとし、バーディが欲しい9番(パー5)も、グリーン手前からのアプローチをミスしてパー。「9番のパーはボギーくらいの感覚」。続く10番もボギーとして、2日目以降初めて首位の座から陥落した。

1番からのワンウェイスタートで、これだけ時間が掛かることは想定していなかったと比嘉は言う。「集中力が薄れていたのかもしれないです。中だるみしていたことは否めない」と12番もキャリーでピンをオーバーして、この日3つ目のボギーをたたいた。

それでも、今週はピンチをパターが助けてくれる。14番で上から6mのバーディパットを沈めて「『ありがとうございます』という感じでした(笑)」と、スタート時のスコアに戻した。首位を走っていたセリーヌ・ブティエ(フランス)が16番をボギーとして、終わってみれば首位と1打差。「大崩れもしていないし、悪い位置でもない」と、優勝争いに踏みとどまった。

42年ぶりとなる日本勢のメジャー制覇まであと18ホール。「この2日間、イーブンと足踏み状態が続いているので、あすはアンダーを出していけるようにしたい」と目標は明確だ。

「3(%)くらいしか残っていない」と表現した自身のエネルギータンク。「きょうは寝られるだけ寝て、食べられるだけ食べたい」と、今晩は差し入れの“うな重”で急速充電するつもりだ。(サウスカロライナ州チャールストン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。