ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 キア・クラシック
期間:03/28〜03/31 場所:アビアラGC(カリフォルニア州)

午前組の畑岡、上原、横峯はそろって決勝へ

◇米国女子◇キア・クラシック 2日目(29日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6558yd(パー72)

大会2日目に午前スタートとなった畑岡奈紗上原彩子横峯さくらの3選手はそろって予選通過が確実な位置で、2日目のラウンドを終えた。

18位から出た畑岡は3番までに2オーバーと出遅れたが、5番でピン上7mのバーディパットを沈めて復調した。以降は3つのバーディを重ねて、ボギーは0。難度の高い最終18番も、2打目を2mにつけてバーディで締めくくった。

通算5アンダーとして上位を追うが、「ところどころ、まだしっくり来ないところがある」と、パッティングには不安を残したまま。それでも、この日の上がり3、4ホールは思った通りに打てたといい、「あすも最初からショットもパットも良い感覚で行ければ(ビックスコアも)出せなくはない」と、ムービングデーのチャージに期待した。

畑岡と同じく3アンダー18位から出た上原は2バーディ、3ボギーと1つ落として通算2アンダーに後退した。午前7時スタートの第1組は「スタートの20分前にしか明るくならなかった」と、寒さの影響もあって距離感に苦しみ2連続ボギーで発進。それでも、以降は立ち直り、通算2アンダーで踏みとどまった。ゴルフの調子は悪くない。「あと2日チャンスがあるので、上だけを見てたくさんバーディを獲っていきたい」と、自らを鼓舞した。

最終18番でティショットを池に入れ、一瞬ひやりとした横峯だったが、ドロップ後の3打目を6mにつけてボギーフィニッシュ。4バーディ、3ボギーの「71」で通算1アンダーとして、2戦ぶりの決勝進出を確実にした。

「プレッシャーのかかるホールになると、どうしても(ショットで)左に行くイメージが強くなる」というかつてのイメージと格闘している。「きょうは『フィニッシュをきれいにとること』を課題にしていたけど、後半はできたホールが少なかった」と反省した。「もったいないラウンドだったけど、残り2日プレーできるのは、いまの私にとってはすごく大きい」と2戦ぶりの決勝進出に横峯の表情も明るかった。(カリフォルニア州カールスバッド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!