ニュース

米国女子TOTOジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

15年前に24アンダーの記録V 選手たちの展望は

◇米国女子◇TOTOジャパンクラシック 事前情報(1日)◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659yd(パー72)

今年、13年ぶりに瀬田GC北コース(設計:井上誠一)で開催される今大会。直近では2002年から05年まで同コースでプレーされてきたが、その前年(01年:武蔵丘GC開催)から5連覇という驚異的な強さを発揮したのが、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)だ。

03年には、いまも国内女子ツアーで54ホールの最少ストローク記録(パー72)となる192ストローク(24アンダー)で2位に9打差をつけて圧勝した。当時と比べると、コースの全長は219yd伸び、グリーンの芝もペンクロスからマッケンジー(ともにベント芝)へと張り替えられたが、基本的なレイアウトやグリーン形状は変わっていない。距離が伸びたのも、ティの設定が変わっただけだ。

それだけに、ソレンスタムの凄さが伝わってくる。今年プレーする選手たちの展望は「優勝スコアは2桁アンダーになると思う。風が吹かなければ、誰かは1日4、5アンダーでくると思う」(レキシー・トンプソン)という意見や、「ピン位置によってスコアが変わると思うけど、1日3、4アンダーくらい」(リディア・コー)というものが多い。

畑岡奈紗も「1日8個ずつ(計24アンダー)はなかなか想像できない。ちょっと距離も長くなったし、さすがにそこまでのスコアを出すのは難しいんじゃないかな」という。

世界ランキング1位のアリヤ・ジュタヌガンが「今年試合をした中で一番ハードなグリーン」というように、アンジュレーションがきつく、スピードも出ているグリーンをいかに攻略できるかが、好スコアのポイントとなりそうだ。

また、出場選手の半分以上が米国ツアーメンバーということで、普段の国内ツアーよりもスコアの伸ばし合いを予想する選手も多いようだ。鈴木愛は「1日(バーディが)2つ、3つじゃ足りないと思う。5個くらいを目指したい」と意気込み、成田美寿々は、「いつものゴルフじゃ上位争いはできないと思う。予選落ちもないし、守っている暇はない。初日からガンガン行きたい」と攻めの姿勢を強調した。(滋賀県大津市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 TOTOジャパンクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。