ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら鬼門でトリプルボギー 上原彩子は「ひどい内容」

◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 3日目(30日)◇ケンパーレイクGC(イリノイ州)◇6741yd(パー72)

横峯さくらは通算7オーバーの66位タイ。上原彩子は通算8オーバーの68位タイと、ともに下位で最終日を迎える。

横峯は、またしても鬼門にやられた。前2連続バーディで迎えた終盤17番(パー3)。「わたしのミス。170ydほどの距離感で打つところを150ydほどでしか打てなかった」。ティショットを手前の池に入れると、打ち直しをバンカーとし、4オン2パットのトリプルボギー。予選2日をともにボギーとした同ホールと、3日連続でボギーの前半3番に「8つもスコアを落とした」とため息をついた。

昨年4月の「ANAインスピレーション」以来となるメジャーの決勝ラウンドを「メジャーらしいセッティングだったけど、調子が良い人はきょうは伸ばせたと思う」と落胆。「あしたはなんとしてもアンダーで回りたい」と今大会初のアンダーパーを誓った。

バーディなしの「78」に終わった上原は「ひどい内容ですね…」と険しい表情を崩さなかった。序盤から生命線のショットが安定せず、フェアウェイキープ率は36%。風に惑わされる選手も多かったが「風というか、それ以前の問題かなと思う」とショット不調を嘆いた。「早めに帰って休んで、あしたまた頑張ります」と必死に前を向いた。

3サムラウンドになる最終日、横峯、上原は同組で午前8時58分にインからティオフする。(イリノイ州キルディア/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。