ニュース

米国女子LPGAボルヴィック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

78ホールぶりのボギー 好調・畑岡奈紗の“記録”

2018/05/26 10:24


◇米国女子◇LPGAボルヴィック選手権 2日目(25日)◇トラビスポイントCC(ミシガン州)◇6734yd(パー72)

通算9アンダーの単独トップに立った畑岡奈紗は前半13番のボギーで、ツアーで78ホールぶりにスコアを落とした。2試合前に出場した米ツアー「LPGAメディヒール選手権」(4月)最終ラウンドの後半16番でボギーをたたいて以降、77ホールでパー以上を並べていた。

今大会の第1ラウンドはボギーなしの「67」。プレーオフ負けで2位になった前週の「キングスミル選手権」は54ホール(荒天のため3日間競技に短縮)でボギーなし。プレーオフでは1ホール目がバーディ、勝敗が決した2ホール目ではパーパットを打っていない。

この日のホールアウト後、畑岡は「(ボギーを)打ちそうで打たないのがずっと続いていたから、きょう(ボギーを)打っちゃったときは少し悔しかった」と振り返った。

日本ツアーを含めると、「LPGAメディヒール選手権」の後に出場した国内メジャー「ワールドレディス サロンパス杯」最終ラウンドの後半12番で、最後のボギーをたたいた。日米を通算すると、連続ボギーなしは81ホールに及んだ(※プレーオフは除く)。ちなみに、2015年に申ジエ(韓国)が更新した国内ツアーの連続ボギーなし記録は81ホール。米ツアーの記録は確認できていない。

好調を維持する19歳は、念願のツアー初優勝に向け「ここ最近は特に自分らしいプレーができている」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 LPGAボルヴィック選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。