ニュース

米国女子ISPSハンダ オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗はティショットが乱れるも「感覚つかめた」

2018/02/17 17:41


◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 3日目(17日)◇ザ・ロイヤルアデレードGC (オーストラリア)◇6599yd(パー72)

首位と5打差の5位から出た畑岡奈紗は、ティショットが安定せず「72」。通算5アンダーで5位は保ったが、首位のコ・ジンヨン(韓国)とは6打差にひろがった。フェアウェイキープ率は3日間で最低の42%。それでも「苦しかったけどイーブンに抑えられた」と及第点を与えた。

前半2番(パー5)で4mを決めてバーディを先行させると、4番では残り102ydを52度で40センチに絡めて2つ目。初日から首位を守るコに迫ったが、後半に入ると10番、ティショットを池に入れた14番(パー3)でボギーをたたいて後退した。

それでも終盤15番(パー3)では7Iで3mにつけてバーディを奪うなど、あがり4ホールで「ショットの感覚をつかんだ」と好感触。「しっかり練習して、あしたは朝一から良いスタートが切れるようにしたい」と巻き返しを誓った。

関連リンク

2018年 ISPSハンダ オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~