ニュース

米国女子エビアン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍「すごいびっくり」 スコアは“なかったこと”に

2017/09/14 22:50


◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 初日(14日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6470yd(パー71)

今季の海外女子メジャー最終戦であり、宮里藍の現役最終戦は波乱の幕開けとなった。

午前8時7分に10番からティオフした宮里は、強い風と時折ぱらつく冷たい雨の中を16番(パー3)までラウンド。2打目をピンそば50センチに寄せたところで、突風が激しくなり雨も横殴りの状態に。同組のツェン・ヤニ(台湾)とポーラ・クリーマーとともに自主的にグリーン脇のテントに避難したところで中断を告げるホーンが鳴った。

その後、大会は再三にわたって再開を模索していたが、14時半過ぎにLPGAコミッショナーのマイク・ワン氏が、この日のラウンドのキャンセルと大会の54ホールへの短縮を宣言。午前組としてスタートしたすべての選手のスコアは無効となった。

「すごいびっくりしました。初日でこういう決断はいままでのメジャーでもないと思う(編注:今大会のメジャー初年度/2013年も初日がキャンセルとなり54ホールに短縮)。決まったことはしょうがないので、またあした一から積み直していくしかないと思う」と、宮里もちょっぴり困惑した表情を見せて、この決断を受け入れた。スコアは6ホールを終えた時点で“3オーバー”だった。

「結局は自分のやるべきことをコツコツとやっていくだけ。決まった中でやっていくしかない」と、1ラウンド短くなった自身最終戦に複雑な表情を浮かべていた。(フランス・エビアン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 エビアン選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。