ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全英リコー女子オープン
期間:07/28〜07/31 場所:ウォーバーンGC(イングランド)

絶好調の20歳 A.ジュタヌガンは一気に金メダル候補

海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」を制したのは、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)。後続に2打差の16アンダー単独首位から出ると、3バーディ、1ボギー1ダブルボギー「72」でリードを守り抜き、今季4勝目を挙げた。絶好調をキープして迎えるリオデジャネイロ五輪は「待ちきれない」と、胸を躍らせている。

漂っていた圧勝ムードは、瞬く間に消えた。6番までに2バーディを奪い、後続に5打差をつけた。だが、同じ最終組のイ・ミリム(韓国)が後半10番から3連続バーディを奪うと、流れは変わった。勢いに飲み込まれるかのように13番でダブルボギーをたたいた。一気に1打差まで詰められた。

<< 下に続く >>

苦い記憶が蘇った。今年4月のメジャー「ANAインスピレーション」では、2打のリードで17番にいた。優勝は目前に迫ったが、最終18番でティショットを池に入れ、自滅。リディア・コー(ニュージーランド)にタイトルを奪われた。「終わった後はすごく気落ちしていた」

だが、今のジュタヌガンは違う。5月の「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」でツアー初優勝を飾ると、そこから3連勝。メンタルの弱さを露呈していた過去の自分とは決別した。

その堂々さには、予選ラウンドを同組でプレーした上田桃子も驚愕。「今まで見た中で一番かも。飛距離は出るし、精度もいい。しかも何より、自信を持ってパットを打っている」と目を丸くした。

この日は、17番で約5mのスライスラインをねじ込んだ。メジャー制覇は「プロになったときからの夢だった」と、執念で粘る後続を突き放した。世界ランクは6位から3位に上がる見込みとなった。紛れもない五輪の金メダル候補。「楽しみですよ。待ちきれない」。20歳はウズウズしている。(イングランド・ウォーバーン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!