ニュース

米国女子ヨコハマタイヤLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ヨコハマタイヤLPGAクラシック
期間:05/05〜05/08 場所:キャピトル・ヒルGC(アラバマ州)

プレッシャーに負け続けたジュタヌガンがようやく勝った!

アリヤ・ジュタヌガンが「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」で、タイ勢初の米国女子ツアー優勝を飾った(※)。前日に10バーディを量産し「63」を記録。ムービングデーのビッグスコアで作ったリードを通算14アンダーで守り抜いた。幾度となく快挙を目前に迫りながら惜敗が続いた20歳が、悲願を達成した。

慎重にウィニングパットを沈めた。この日、3打あったリードは縮まった。残り2ホール、17番でボギーを叩くと、先にホールアウトしたエイミー・ヤン(韓国)らとの差は1打となった。

最終ホールでは2打目をグリーン左のラフに入れた。ミスが出れば追いつかれる場面で、1m弱に寄せるアプローチを見せた。カップ、ボールを前に肩で大きく一息。集中力を高めた。ほぼストレートなラインを読み切ってボールがカップに消えると、ギャラリーから大きな声援が飛んだ。手を挙げて応える目には涙が浮かんだ。

苦い記憶が蘇ったに違いない。2013年2月、母国で開催された「ホンダ LPGAタイランド」では、最終日の最終ホールまで2打のリードを奪った。当時17歳だったジュタヌガンはプレッシャーに耐えきれずミスを連発。トリプルボギーを叩いた。「いい経験をした」と悔しさを押し殺して言った。

今年の海外メジャー初戦「ANAインスピレーション」では残り3ホールで3打のリードがあった。そこから3連続ボギーと失速。リディア・コー(ニュージーランド)に逆転を許し、肩を落とした。

優勝が決まった瞬間。18番グリーンでは、惜敗を見続けた母も涙を流した。母国ではシリキット国王妃の誕生日8月12日とされるが、米国は5月の第2日曜日が日本と同じく「母の日」だった。プレッシャーに打ち勝ったジュタヌガンが母国にもたらした初栄冠は、母に送る何よりのプレゼントだった。

※非公式大会の2012年「HSBC LPGAブラジルカップ2012」では、タイのポルナノン・ファトラムが優勝した

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヨコハマタイヤLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。