ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/11〜06/14 場所:ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

横峯さくらの視線は“優勝”へ 垣間見えた強い意志

米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」3日目に、5バーディ、1ボギーの「69」(パー73)で通算5アンダーまでスコアを伸ばした横峯さくら。全選手のラウンド終了後、順位は10位に落ち着いたが、視線はしっかりとリーダーボードの一番上を見据えていた。

前日のホールアウト後の練習で、テークバック時の新たなチェックポイントを見つけたという横峯。この日、フェアウェイを外したのは1回だけと、ショットは安定を増し、自己評価も60%から「75%(笑)」にアップした。

<< 下に続く >>

そこに、パッティングがかみ合った。4番で10m、5番で15mのバーディパットを沈めるなど「ロングパットの距離感がすごく合っている」とグリーン上をそつなくこなし、厳しいピンポジションの多かったムービングデーにも、着実にスコアを伸ばした。

ホールアウト時点で首位とは3打差。「狙える位置にいると思う。プレッシャーも掛かってくるけど、目標は高く優勝を目指して頑張りたい」と断言した。上位が伸ばし、首位との差は9打となったが、“優勝を目指す”という意識の芽生えが頼もしい。

今季10試合に出場して予選落ちが半分、ベストフィニッシュは8位タイ。「すぐ予選落ちもしてしまうし、実力的に劣っている部分はたくさんある」と言う。「でも、それも慣れかなとも思う…。なので、気持ちで負けないというか、自分を持ってプレーしたい」。

自分のスタイルを貫く横峯の強い意志が垣間見えたのは、2日目の1番(パー3)だった。グリーン左手前にあるバンカーのすぐ先に切られたピンに対し、ティショットは右手前ラフ。そのホールだけ考えれば、ストレート、またはドロー系の球筋の方が攻めやすいが、「右バンカーでも良いと思った」と、横峯のゴルフの基本線となる“フェードの復調”にこだわった結果だった。

メジャー大会での最高位は、昨年の「全米女子オープン」での7位だ。優勝する準備はできているのかと問うと、「それは、どうでしょう?」と笑った。宮里藍宮里美香は米ツアー初制覇までフル参戦から4年掛かった。「人それぞれだし、私は私という感じ」。自身の進む道に、迷いはないようだ。(ニューヨーク州ハリソン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!