ニュース

米国女子コーツゴルフ選手権 by R+L Carriersの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers
期間:01/28〜01/31 ゴールデンオカラGC(フロリダ州)

宮里藍 想定外のエネルギー切れも「いい感じの疲労」

2015/01/31 09:18


米国女子ツアーの今季開幕戦「コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers」の3日目。早朝に7番から再開した第1ラウンドの残り3ホールで1つ落とし、通算1アンダーの24位タイで決勝ラウンドに進んだ宮里藍は、第3ラウンドを1バーディ、2ボギーの「73」でホールアウト。通算イーブンパーの35位タイで明日の最終日を迎える。

後半はショットが左に偏るミスが目立ち、スコアメイクに苦しんだ。「今日は長い1日だったので、後半になって珍しくエネルギー切れしているのを感じ、下半身が動かなくなった。フィジカルではなく、思っている以上にメンタルから来ている感じ」。

今シーズンの課題とするグリーン上は、今週の自己ワーストとなる33パット。しかし、今週は何回も口にしている通り、今はまだ結果を求めてはいない。だから「ストレスもまったく感じない」。

メンタルによる疲労は、また別のところから来るものだ。「この3日間、すごく集中してやっているので、自分が思っている以上にメンタルの疲れがあるんだと思う」。

昨年と今年。同じパッティングからくる疲労にしても、「ちょっと違う種類の疲れ」と宮里は言う。「調子が悪いときって、そんなに疲れないんです。調子が良いと緊張感を保ちながらの毎ホールになるし、消費するエネルギーも大きい。体に及ぼす影響は、ずっとずっと大きいんです」。

「去年は、どちらかというとラクな方向に行っていた。“もう入らないからいいや”って、あきらめる方向にエネルギーを使っていた感じ」。エネルギー消費に向かうベクトルの向き。これも、宮里が実感する昨年からの違いなのだろう。

「これだけ一生懸命に頑張って、(予選通過という)結果にもつながっている。達成感もあり、いい感じの疲労。明日もまた、気持ち良くラウンドできれば」。最終日も、心地良い疲労に浸って終わりたい。(フロリダ州オカラ/塚田達也)

関連リンク

2015年 コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~