ニュース

米国女子ウェグマンズLPGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ウェグマンズLPGA選手権
期間:08/14〜08/17 場所:モンローGC(ニューヨーク州)

ライン読まずに… 宮里藍はパットで新たな試み

2014/08/16 09:34


海外女子メジャー「ウェグマンズLPGA選手権」2日目を85位からスタートした宮里藍は、2バーディ、5ボギーの「75」(パー72)と3つ落とし、カットラインに3ストローク届かない通算5オーバー106位で予選落ちに終わった。

「ショットもパットも悪くない」。しかし、どうしても結果がついてこない。この2日間のスタッツを見れば、フェアウェイを外したのはわずか3回、パーオン率も7割に迫り、距離の長さに歯が立たなかった印象は少ない。目に付くのは、連日の33パットという数字だ。「入ったと思ったパットがカップ際で外れることが、数え切れないぐらいあった。そういう1週間だったんだと思う」と、口惜しさを言葉にした。

<< 下に続く >>

以前から1筋違いでカップを逸れ続けているパットへのカンフル剤として、宮里はこの日、ラウンド中に1つの試みを行った。「ロングパットのルーティンを変えてみた。ラインは読まずに傾斜だけ見て、直感とイメージで打つ感じです」。

宮里といえば、数十センチの距離でも時間をかけて、入念にラインを読むイメージが強い。ツアーにおいて、直感だけでパットを打つのはもちろん「初めて」だ。

宮里が言うには、主にグリーンの感触を試す練習ラウンドでは、前々から「適当に打ったときの方が必ず入る」傾向にあったという。キャディから「ラインを読まない方がいいんじゃない?」と言われたことも後押し。今のところは、ラインよりも距離感が大事になるロングパット限定、ということだ。

「自分としては、今までで一番ロングパットの距離感が良かった気がする」と、初めての試みに好感触。予選落ちには終わったが「やることに意味があった。今後、すごく良い方向に作用する気がするし、今日の収穫は多かった」と、前向きな言葉で2日間の苦闘を締めくくった。(ニューヨーク州ピッツフォード/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ウェグマンズLPGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!