ニュース

米国女子クラフトナビスコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 クラフトナビスコ選手権
期間:03/29〜04/01 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

藍が語る、2年前との“大きな違い”

2012/04/02 12:35


「今までとは全然違う気持ちで今週は戦えていた。今年はここまでいいスタートが切れていて、内容も自分の力を十分に出し切れる状態。自信を持って入れたし、今までとはちょっと違う」。ここまでの4試合で、大きな手ごたえを掴みながら迎えた今季メジャー初戦だったが、宮里藍は通算5オーバーの56位タイで今大会を終えた。

4日間を通し、「とにかくパットが決まらないので、流れを作っていけなかった」とグリーン上で苦しんだ宮里は、最終日も「32」パットと、この難攻不落のグリーンを最後まで攻略することができなかった。「今までの中で一番ベストな状態で入れたのに、最終的にはやはりパットが入るか入らないか」と、その重要性と、ゴルフの難しさをあらためて痛感したと肩を落とした。

一方で、「ドライバーの距離も良く出て、フェアウェイウッドもほとんど(フェアウェイを)外していない。アイアンのパーオン率も例年に比べてすごく高く、ショットは戦えるレベル」と良い状態を維持できていることが、今の宮里にとって、残るメジャー3戦へのモチベーションと、さらなる向上への貪欲さにつながっている。

「2年前はまた、2週連続優勝から始まって、そのときはプレッシャーを感じたり、どういう流れでいけばいいのか手探り状態なところがあったが、今年はもう『自分は勝つんだ』という気持ちで入ってきたので、それは大きな違い」と、自らの成長を認める宮里。悲願のメジャー初タイトル獲得に向け、準備は整いつつある。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 クラフトナビスコ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。