ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

世界ランク1位のオチョア、28歳の若さで引退

女子ゴルフの世界ランキング1位に君臨するロレーナ・オチョア(メキシコ)が20日、現役を引退することが分かった。引退理由については、23日にメキシコ市で開かれる会見で明らかにするという。

07年からおよそ3年間に渡り世界ランク1位の座をキープし、08年に引退したアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)から女王の座を引き継いだオチョア。28歳という、年齢的にも絶頂期を迎えようとしている中での引退だけに、ゴルフ界にも衝撃が走っている。

オチョアは06年に6勝し、初の賞金女王を手に。その後も07年に8勝、08年には7勝を挙げ、3年連続で賞金女王のタイトルを獲得してきた。通算成績は、メジャー2勝を含む27勝。若き女王として、ツアーの牽引役を担ってきた。

オチョアは昨年の12月に結婚。夫には前妻との間に子供がおり、今回の引退は家庭生活を優先させたためとも推測されている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。