ニュース

米国女子HSBC女子世界選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2023年 HSBC女子世界選手権
期間:03/02〜03/05 場所:セントーサGC タンジョンコース(シンガポール)

2023年 HSBC女子世界選手権
期間:03/02〜03/05 場所:セントーサGC タンジョンコース(シンガポール)

「ゆっくりしている場合じゃない」 渋野日向子が勝者とのプレーで感じた“課題”

◇米国女子◇HSBC女子世界選手権 最終日(5日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6749yd(パー72)

渋野日向子は通算4アンダー33位で今季2戦目を終え、「スコアになるわけないと思いながら回っていた」とショットに苦戦した一週間を振り返った。

<< 下に続く >>

4日間でのフェアウェイキープ率は71.43%(40/56)。一方でパーオン率は68.06%(49/72)にとどまった。「グリーンに乗らないとスコアにならない。改めてよく分かった」と痛感したのは第2ラウンド。通算17アンダーで大会を制したコ・ジンヨン(韓国)と同組で回り、パーオン率94%(17/18)のショット力を目の当たりにした。

前半はボギーなしの1アンダーで終えたが、後半は「バーディを獲りたい気持ちがショットに出てしまった」と苦戦。2つ伸ばして迎えた8番(パー5)では、ティショットを右に曲げてOBとなりダブルボギー。最終ホールをバーディで締めて「71」にまとめたが、「外しちゃいけないところに外している回数も多かったので、ショットに関してはマイナスに感じる部分が多かった」と話した。

今年から青木翔コーチと取り組み始めた新スイングは発展途中だが、今季に入ってオーバーパーを打つことなく2試合を終えた。次戦は3月23日に開幕する「LPGAドライブオン選手権」(アリゾナ州・スーパースティションマウンテンGC)だが、2週間あるオフも「ゆっくりしている場合じゃない」と青木コーチと練習を行う予定。「しっかり練習して、いい状態で臨めるように頑張りたい」と表情を引き締めた。(シンガポール・セントーサ島/谷口愛純)

関連リンク

2023年 HSBC女子世界選手権



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!