ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

パット苦戦もショット安定 笹生優花が“久々”上位スタート

2022/06/24 12:14


◇海外女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日(23日)◇コングレッショナルCC(メリーランド州)◇6894yd(パー72)

笹生優花が3バーディ、3ボギーの「72」で回り、イーブンパー15位で今季メジャー第3戦を滑り出した。ディフェンディングチャンピオンとして臨み、初日133位から巻き返せずに予選落ちとなった3週前の「全米女子オープン」をはじめ、ここ最近はいきなり大きく出遅れる傾向があった中でのスタート。20位以内で2日目を迎えるのは、3位に入った1月「ゲインブリッジLPGA」以来となった。

<< 下に続く >>

全米女子オープンでは右にも左にもミスが出て苦しんだティショットが安定し、フェアウェイキープ失敗は2ホールだけ。持ち味の飛距離も生きた。

「いいショットもありながら、もう少しパターが入ってくれたらなという感じでした」と悔しさをにじませたグリーン上。午前中まで降った雨でソフトになったグリーンは、午後組の笹生が回る前をすでに多くの選手がプレー。「難しくないことはなかったですけど、スパイク跡は直せるので。そんなに気にしていなかったです」

チョン・インジ(韓国)が8アンダーで抜け出す形とはなったが、2位グループとは3打差。「スタートとしては、まあまあじゃないかなと思う。(上との差ではなく)自分のことを考えて、マイペースでまずは予選通過をしたい」と淡々。直近4試合で予選落ちが3度を数えるだけに、まずは手堅く週末の切符を確保しにいく。(メリーランド州ベセスダ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには瀬賀百花プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!