ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

パー5で1W→3W→UT 畑岡奈紗が超ロングコースで価値ある「71」

2022/06/24 06:16


◇海外女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日(23日)◇コングレッショナルCC(メリーランド州)◇6894yd(パー72)

畑岡奈紗が雨と風の難コンディションの中を2バーディ、1ボギー「71」でプレーし、1アンダーの好スタートを切った。

<< 下に続く >>

ただでさえ6900yd近いロングコース。前夜に大量の雨が降り、午前組の畑岡がスタートする辺りから再び雨が落ち始めた。どんどんウェットになるフェアウェイはほとんどボールが転がらず、セカンド以降で長いクラブを持たされる展開となっても、我慢を貫いた。

グリーン右手前にこぼした3番で4mを沈めるナイスパー。セカンドが何とか届いた4番も奥のピンまで30m弱のファーストパットを残しながら2パットで切り抜けた。

極めつきは、この日587ydの設定だった9番(パー5)。1W、3Wとつないでも、176ydが残って3打目で4UTを握らされた。奥にピンが切られても8番アイアン前後でグリーンを狙える想定だった練習ラウンドから状況が一変。

「パー5で3打目にハイブリッドなんて(ショットを曲げたり)トラブったときくらい。一緒に回っているリゼット(サラス)はドライバー、スプーン、スプーンでも届かない。タフでした」。思わず苦笑いするホールで4mのパーパットを決め切ったことが、後半のプレーにつながった。

11番(パー5)でバーディを先行。15番で唯一のボギーをたたいたが、16番(パー5)で力強くバウンスバック。3打目は9番アイアンで狭いエリアを攻め込み、チャンスを生かして小さく拳を握った。

上がり2ホールも寄せワンでしのぎ、「我慢のゴルフで最後まで集中してできた」。チョン・インジ(韓国)が8アンダー「64」で飛び出した午前組だが、ディフェンディングチャンピオンのネリー・コルダら有力選手と並ぶ1アンダー発進は価値がある。「いいスタートが切れたと思います」と力強くうなずき、2日目を見据えた。(メリーランド州ベセスダ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには瀬賀百花プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!