ニュース

米国女子ゲインブリッジLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ゲインブリッジLPGA
期間:01/27〜01/30 場所:ボカリオGC(フロリダ州)

12歳の笹生優花が悔し涙で誓った「飛距離で勝ちたい」

2022/01/28 12:06


◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA at ボカリオ 初日(27日)◇ボカリオGC (フロリダ州)◇6701yd(パー72)

あの日、12歳の笹生優花は世界の広さを知った。米国のジュニア大会で一緒に回った2歳上のパティ・タバタナキット(タイ)のロングドライブに圧倒された。

<< 下に続く >>

1年で体も大きく成長する時期。年上の選手にパワーの面でかなわないのは自然の道理だが、飛ばしの分野ではフィリピンで負け知らずだった少女は悔し涙を流したという。

「飛距離で勝ちたい」。翌年も3歳上のアンドレア・リーに引き離され、さらに燃えた。男子のロリー・マキロイ(北アイルランド)を彷彿とさせるスイングから放たれる迫力満点のショットで昨年のメジャー「全米女子オープン」を制する原点となった。

そのタバタナキットと同組で回ったこの日の予選ラウンド。昨年のメジャー「ANAインスピレーション」を制して米女子ツアー新人王と少しだけ先にブレークした22歳と笑顔でラウンドした。

「ジュニアのころから一緒だったパティさんもギャビー(ロペス)さんもホントに上手で尊敬する選手。きょうも勉強になりました」と謙虚に言ったが、ドライビングディスタンスでは280.5ydを記録した笹生に軍配が上がった。タバタナキットは276.5yd。280yd超はビアンカ・パグダンガナン(281yd、フィリピン)と2人だけだった。

グリーンを大きく外す場面がほとんどなく、精度も光ったショット。7番は尾根越えのアプローチを寄せて難なくパーを拾い、セカンドが右のブッシュにある切り株で跳ねて戻ってきた8番はラフから約60ydを56度のウェッジでピタリとつけてバーディを奪うなど、総合力が際立った。

「ホントに良いラウンドだった。ティショットも安定していましたし、パターもまあまあ入ってくれた。あしたも楽しんでラウンドできれば」と振り返った「67」で4打差4位。末恐ろしい20歳は前週開幕戦に続いて上位で滑り出した。(フロリダ州ボカラトン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ゲインブリッジLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!