ニュース

米国女子ゲインブリッジLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ゲインブリッジLPGA
期間:01/27〜01/30 場所:ボカリオGC(フロリダ州)

“ボールを少し左”で一変 畑岡奈紗はノーボギーに納得

2022/01/28 09:39


◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA at ボカリオ 初日(27日)◇ボカリオGC (フロリダ州)◇6701yd(パー72)

過去2シーズンの優勝者ら29人が出場した前週開幕戦は18位と消化不良だった畑岡奈紗が、ボギーなしの5バーディ「67」で首位と4打差の5アンダー4位と好発進を決めた。

<< 下に続く >>

「すごく良かった」とうなずくティショットの出来は開幕前の調整によるものが大きい。コースを訪れていたコーチのゲーリー・ギルクリスト氏からもらったアドバイスに加え、「自分の中でアレンジというか考えながらやった部分もある。うまく調子を整えられた」

ポイントはボールの位置を少し左足寄りにしたこと。「良いときはフォロースルーで左に振り抜ける感覚がある。それが先週は(軌道が)内から外に行ってしまっていた。上から打ち込めていないので距離も出ないし、右にプッシュが多かったり…ボールの位置をちょっと左にしたら、上から打ち込めるようになってきた」。フェアウェイキープに失敗したのは1ホールだけだった。

「(替えて間もない分)ああいうミスも出る」と振り返った16番(パー5)ではセカンドが乱れたが、残り122ydの3打目を9Iでピタリ。後半6番(パー3)も6Iでピンに絡めてバーディを奪った。「アイアンは自分の100%の状態ではないですけど、ピン方向に行ってくれるショットも増えてきた。ミスしても、外してはいけない方には行かなかった。それがボギーフリーにつながったと思う」と言った。

2年前には72ホール目で決めればプレーオフもパーパットを外して惜敗したコース。「自分のイメージでは得意という感じではないんですけど…」と笑いつつ「木に囲まれていてプレッシャーがかかるホールもありますけど。ターゲットが絞りやすいというか、なんか(逆に)いいのかな」。リベンジへの自信が見え隠れした。(フロリダ州ボカラトン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ゲインブリッジLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!