ニュース

米国女子米国女子Qシリーズ(1週目)の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 米国女子Qシリーズ(1週目)
期間:12/02〜12/05 場所:マグノリアグローブ(アラバマ州)

“割り切って”トップと2打差の古江彩佳「順位は後からついてくる」

2021/12/04 10:37


◇米国女子◇Qシリーズ 2日目(3日)◇マグノリアグローブ(アラバマ州)◇クロッシングズコース6664yd(パー72)、フォールズコース6643yd(パー71)

パーオン率は100%、フェアウェイキープ失敗も後半16番だけだった。古江彩佳は「ずっといい感じで振れている」とショット面の充実に白い歯がこぼれる。ボギーなしの4バーディ「67」でも「欲を言えば、もうちょっと行けた」と言った。

<< 下に続く >>

一方で「近いパットでも、下りの打てないパットが多くて、難しいパターなので仕方なかったかな。(パット自体は)悪くないので」とも。特に下りのラインが速い今週のバミューダ芝のグリーンを戦う上でのポイントは“割り切る”ことだという。

「目を読み切って、ラインを合わせてというのがホントに難しいので、タッチ次第、回転次第になる。(下りは近い距離でも)入らなかったら仕方ないっていう感じでやってます」。取りこぼしを引きずらない姿勢が連日の好スコアを支えている。

後半12番では悩ましかった下りのラインを沈めてバーディ。最終18番も5mを流し込むバーディで締めくくった。

出場選手中最上位の世界ランキング14位の数字も重圧とは無縁。トップと2打差の通算7アンダー5位から臨む週末へ、「後が楽になるように、貯金はしていきたい。良いゴルフができていれば、順位は後からついてきてくれると思うので、ラウンドに集中できたら」と力みは感じさせなかった。(アラバマ州モービル/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 米国女子Qシリーズ(1週目)




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!