ニュース

米国女子ショップライトLPGAクラシックby Acerの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ショップライトLPGAクラシックby Acer
期間:10/01〜10/03 場所:シービュー・ドルチェホテル - ベイコース

“1㎝の違い”が呼ぶもの 畑岡奈紗のパターのアレンジ

◇米国女子◇ショップライトLPGAクラシックby Acer 事前情報(30日)◇シービュー・ア・ドルチェホテル (ニュージャージー州)◇6190yd(パー71)

畑岡奈紗は今年、パターを長年愛用してきたピン社のものからベティナルディ製に切り替えてシーズンに入った。これまでに勝利した2試合で使ったのはどちらもマレット型のセンターシャフトタイプだが、7月の1勝目と前週の2勝目ではヘッドに施した細工に微妙な違いがある。

<< 下に続く >>

コロナ禍の昨年、試合が行われなかった期間中に畑岡はストロークの計測を実施。一度はシャフトがヒール部分にあるベティナルディのモデルにもトライしたが、今季途中に「やっぱり使い慣れている」とセンターシャフトに戻した。

練習日のキャディバッグには同じヘッド形状のパターが2本入っているが、グリップとバランスはわずかに違う。畑岡にとっての一番の差はアドレスしたときの見た目。2本の黒いサイトラインの長さが異なる。7月「マラソンクラシック」で勝ったときのもの(写真左)は長く、目下の“エース”と呼べる前週「ウォルマート NW アーカンソー選手権」優勝時のモデルは短い。

このわずかな調整を施したのは夏場のこと。「ラインの見た目で、短い方がインパクト時にロフトが加わらなくなるかもしれない」というアドバイスを受けた。

ロフトが大きくなると、ボールがファーストバウンドするまでに“宙に浮いている”時間が長くなり、また接地時の衝撃も大きくなることから、スムースな順回転の妨げになるという考え。「目からの情報って意外と影響するのかなと思います」。わずか1㎝余りの工夫が大きな違いを生む実感を持っている。(ニュージャージー州ギャロウェイ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ショップライトLPGAクラシックby Acer




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!