ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗は調子上がらず “無念”の9位

2021/08/07 18:35


東京五輪 女子最終日(7日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

畑岡奈紗東京五輪最後の1ホールは、終わることを惜しむかのように、雷雲接近による約50分の中断を挟んで再開された。

<< 下に続く >>

最終日はスタート前から荒れていた。今週に入って腰痛が悪化していたキャディのグレッグ・ジョンストン氏の起用を、朝の練習場で断念した。代わって前週、星野陸也のキャディを務めた薬丸龍一氏にバッグを預けた。「自分の身体のことは分かっている。きょうは奈紗にとって大事な日。バッグは担げる」というジョンストン氏だったが、途中交代や次週以降に影響することを懸念した畑岡が、キャディ交代を決断した。

メダル獲得のためにはビッグスコアが必要で「最低でも7つ伸ばさないと」とスタートしたが、7番(パー3)でボギーが先行。直後の8番(パー5)で取り返したが、もどかしい展開が続く。ショットのキレは4日間戻ることなく、後半は2バーディを追加したものの、この日「69」で通算10アンダー9位タイ。メダルに6打届かず、畑岡の東京五輪は幕を下ろした。

「もっと調子を上げてここに来たかった気持ちはあるけど、それができなかったのが悔しい。4日間、いざ始まってしまったらあっという間に終わってしまった」と涙はなく、本来の力を出しきれなかった無力感に包まれた。

ホールアウト後は待機して、最終組で金メダルを確定させたネリー・コルダを祝福し、プレーオフに向かう稲見萌寧を笑顔で送り出した。プレーオフは18番グリーン脇で見守って、稲見が銀メダルを確定させると、そっとコースを後にした。

3年後のパリ五輪。「いまはまだちょっと考えられないけど、もしチャンスがあったら目指すとは思います」と小さく言った。2週間後は「AIG女子オープン(全英女子)」に出場する。再び歩き始めるまで、わずかな時間で心を癒やす。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!