ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

【速報】稲見萌寧メダル圏内に浮上 6打差3位タイで後半へ/五輪ゴルフ女子3日目

東京五輪 女子3日目(6日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇男子7447yd、女子6648yd(パー71)

全60選手がムービングデーの前半を終了。日本代表の稲見萌寧は前半を3バーディ、1ボギーの「34」(パー36)でプレーし、通算9アンダーで後半に入った。首位とは6打差の3位タイ。

<< 下に続く >>

首位の米国代表ネリー・コルダは前半に2つ伸ばし、通算15アンダーとしている。

稲見は3番でバーディを先行。3mを沈めた5番(パー5)、1.8mにつけた6番で連続バーディを奪った。2打目が大きくショートした9番でボギーを喫した。

畑岡奈紗は13番を終えて通算7アンダー。フィリピン代表の笹生優花は4ホールを残し、通算3アンダーとしている。

【速報】稲見萌寧はパー発進/五輪ゴルフ女子3日目

東京五輪 女子3日目(6日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇男子7447yd、女子6648yd(パー71)

五輪のムービングデーが始まった。首位と6打差の7アンダー6位で2日目を終えた日本代表の稲見萌寧は午前9時6分、ティオフ。出だしの1番をパーとして発進した。

畑岡奈紗は5番を終えて通算4アンダー。10番から出たフィリピン代表の笹生優花は5ホールを消化し、通算イーブンパー。

酷暑対策のため、この日はスタートホールを1番と10番に分けた。通算13アンダー首位のネリー・コルダ(米国)らの最終組は午前9時18分にティオフした。

7日(土)は悪天候が予想されるが、大会はスタート時間を午前6時半に早めて4日間72ホールを完遂する方針だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!