ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗 入念な準備で挑む東京五輪

2021/07/26 15:00


◇東京五輪 事前情報(26日)◇霞ヶ関CC(埼玉県)◇男子7447yd、女子6648yd(パー71)

男女一緒に練習ラウンドができるのは、きょう月曜日まで。その最終日に、松山英樹星野陸也、そして畑岡奈紗の3選手が同組でプレー。畑岡の希望に松山らが応えた形で実現した。

<< 下に続く >>

「いままで何度か、休みの週には一緒にラウンドさせてもらっていたけど、試合に入ってから練習ラウンドをするような機会はないので、どういうところからアプローチをするか、どんな想定をして練習しているかを見ることができて、勉強になりました」と、畑岡は笑顔を見せた。

特に注目したのは男子プロのアプローチ。「そこが今、自分に一番足りない部分だと思う」と、松山のプレーを見て、丸山茂樹ヘッドコーチにも具体的なアドバイスをもらうなど、目と耳を使って懸命に新たな技術を吸収した。

「松山さんの邪魔にならないように、松山さんになにかを聞くことはなかったけど、丸山さんには『短いアプローチも体の回転をしっかり使って打たないといけない』と教えてもらった。どうしてもインパクトを綺麗にしようと手だけで打ってしまうことが多いので勉強になりました」と、チーム練習を貴重な学びの時間とした。

女子の開幕は次週水曜日。今週は会場で練習しつつ、男子の試合も観戦予定だ。「一度マスターズを見に行ったとき、グリーン周りの技術が本当にすごくて勉強になったので、グリーン周りを重点的に見られたらなと思う」という作戦。服部道子コーチも「畑岡さんはこの2週間、自分がやるべきことを計画して入って来ていて良い集中ができているし、状態もすごくいいと感じます」と太鼓判。

オリンピックの他競技では日本勢のメダルラッシュが続いており、「昨日は柔道を見て、兄妹で金メダルを獲っていて本当に感動しました。ああいうのを見ると、鳥肌が立ちますね」と畑岡のモチベーションも上がっている。この波にゴルフ界も乗りたいところだ。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!