ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米女子オープン
期間:06/03〜06/06 場所:オリンピッククラブ(レイクコース)(カリフォルニア州)

慣れ親しんだUSGAセッティング 笹生優花「選手として成長できるゴルフを」

2021/06/03 11:18


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 事前情報(2日)◇オリンピッククラブ(レイクコース) (カリフォルニア州)◇6457yd(パー71)

開幕前日、笹生優花は同い年のアマチュア、アネカ・ソーマヌタファとリラックスした雰囲気で18ホールをラウンド。アマチュア時代を含め、自身3度目となる「全米女子オープン」に向けて最終調整を行った。

<< 下に続く >>

「全米女子オープンに出られるだけで、すごくうれしい。(結果より)経験とか楽しむ方に気持ちが行っています」という笹生。前回大会は13位と健闘したが、「もちろん成績も出したいけど、選手として成長できるようなゴルフをしたい」と、自分の力を試す場所と位置づけている。

過去には、2016年「全米女子アマ」で準決勝に進出し、2019年「USガールズジュニア」ではメダリストに輝いたこともある。ジュニア時代からUSGA(全米ゴルフ協会)のセッティングで戦った経験は数多く、長いラフや狭いフェアウェイでの戦い方は心得ている。

「アマとプロの試合はちょっと違って、アマも難しいけどまだリカバリーできるチャンスがある。でもメジャーになると、ミスをすると、次もミスをする危険があるし、全体的に難しい。だからシンプルに考えて、まずはフェアウェイに置いて、グリーンを狙っていく。それが良いんじゃないかなって思います」

ティショットをラフに入れたら、笹生のヘッドスピードを持ってしても「60ydくらいしかキャリーが出せない」と、ほぼフェアウェイに戻すしか手立てがない。ひたすら、ティから丁寧に攻めていくことが肝心だ。

予想優勝スコアを聞いてみると、「えーどうだろう。このコースで20アンダー出たら勝つと思います」と冗談っぽく言い、「私はそんなアンダーが出る気がしないけど」と笑う。結果は後からついてくるもの。19歳は前だけを見て進んでいく。(カリフォルニア州サンフランシスコ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!