ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米女子オープン
期間:12/10〜12/14 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

マスク姿のキム・アリムが大逆転V 「全米女子」を席巻する韓国勢

2020/12/15 11:43


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71)

コロナ禍の2020年を象徴する優勝シーンかもしれない。大会初出場どころか「海外の試合に出ることも初めて」というキム・アリム(韓国)はマスクを着用したままプレーする理由を問われ、「練習のときはいつもしているから、慣れているの。(仮に)新型コロナウイルスの陽性反応が出ても、自分のことは仕方ないと思えるけど、同じ組でプレーしている選手やキャディに迷惑をかけたくない。だからラウンド中も外さないわ」と言った。

<< 下に続く >>

マスク姿でのプレーも相まって、インパクト十分の猛チャージでビッグタイトルをさらった。首位の渋野日向子とは5打差9位からのスタート。「ラウンド中、ずっとリーダーボードは見ていた。だからこそ、よりアグレッシブに攻めようとしたのかもしれない」。前半で3つ伸ばして優勝争いに加わった。折り返して10番から2連続ボギーをたたいた後、上がり3ホールが圧巻だった。

16番(パー3)で5Iを3mに絡めてバーディ。17番も8Iのセカンドショットをベタピンにつけて獲り、最終18番もPWでバンカー越えの狭いエリアに落として3連続バーディ。「67」で通算3アンダーとし、渋野や2位に入った世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)を振り切って大会史上最大の逆転劇を完結させた。

2006年のランキング発足以来、最も低い世界ランク94位での全米女子オープンチャンピオン誕生。朴セリキッズの代表格とされる朴仁妃が2008年のこの大会でメジャー初タイトルをつかんで以降、13年で韓国勢の優勝は「9」を数える。

「私がゴルフを始めたのは、朴セリが(1998年に)全米女子オープンを優勝した後のこと。その(最も影響を受けた)世代よりは少し若いけど、彼女はインスピレーションを与えてくれたロールモデルの1人。LPGAツアーと韓国ゴルフ界の歴史を紡いできた偉大な人。とても光栄で、まだ優勝の実感がわかないです」

母国のパイオニアに敬意を表した25歳。冬開催ならではの気温5℃の寒さの中、仲間からシャンパンシャワーでお祝いされ、マスクをつけたまま喜びに浸った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!