ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米女子オープン
期間:12/10〜12/14 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

全米女子OPも「いつもと同じように」 19歳・笹生優花の好発進

2020/12/11 09:54


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 初日(10日)◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71)

最終18番の3パットボギーが悔しい。笹生優花はそれでも大舞台にインパクトを残した。サイプレスクリークでの第1ラウンドで一時は首位に立つ活躍。「ゴルフをして楽しむのが目標なので、そこはあまり意識しなかった」と淡々と普段のスタイルを貫き、4バーディ、2ボギーの「69」で首位に2打差の5位で滑り出した。

<< 下に続く >>

「全米女子オープン」はアマチュアだった昨年に続く出場。予選落ちした当時から1年半のうちにプロになり、日本ツアーで2勝し、賞金レースをリードする存在になった。19人の日本勢で最も若い19歳は序盤2番で7mを沈めてバーディを先行し、一気に加速。7番でカラーからフック&スライスのスネークラインをパターで流し込むなど前半のうちに4バーディを決めた。

米国でもトップクラスと言える、ショットの飛距離とボールの高さを見せつけながら、小技も光った。右ラフからの2打目をグリーン左の池に入れた11番、ウェッジでボールをクリーンに拾い、鋭いスピンで寄せて1パットボギーに抑えた。

「パターがちょこちょこ入ってくれた」のが好スタートの要因だという。「自分が進めたいように進めて、良い結果がたまたま出ているという感じです」と冷静だ。ゴルフを楽しむというモットーだけは忘れない。女子ゴルフ最高の栄誉が懸かる大会とあっても「(ひとつの)試合は試合なので。できるだけいつもと同じようにしたいなと。特別に何かを思っても、別にいいスコアが出るわけではない」と笑った。

2日目はコースを変えて、予選ラウンドを終える。予想される悪天候への「アジャスト」をカギに挙げた。「ジャックラビットも短くはない。このコースと同じで、フェアウェイキープをしてグリーンに気をつけたい」。今年で75回目の開催となった大会の最年少優勝者は2008年の朴仁妃(韓国)で、19歳11カ月17日の記録が今も残る。笹生は今週の日曜日を、19歳5カ月23日で迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!