ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米女子オープン
期間:12/10〜12/14 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

「もうちょい左」に微修正 渋野日向子の振り切れた初日

2020/12/11 11:26


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 初日(10日)◇チャンピオンズGC (テキサス州)◇サイプレスクリークコース 6731yd(パー71)、ジャックラビットコース 6552yd(パー71)

Hinako Shibuno――。スタートアナウンス直後の第1打は右のフェアウェイバンカーにつかまった。「緊張はなかったけど、右に行った。ただ(バンカーは)アゴが近いわけでもなくて。易しくはなかったけど、大丈夫だろうと思いながら打ちました」。6Iでクリーンにヒットし、グリーンオン。パーを拾った渋野日向子は、すぐにティショットに修正点を見つけた。

<< 下に続く >>

左を向きながら右に出して戻ってくる弾道が本来の持ち球。わずかにだが、左への向きが足りないと読んだ。「真っすぐ目に向いちゃって、少し右に行ってしまうのかなと。当たりも悪くないし飛んでいたので、もうちょっと思い切って左を向こうと思いました」。その後フェアウェイを外したのは、風に流され右ラフに入った最終9番(パー5)だけ。「(修正は)それくらいですかね。それがハマったのかな?」という程度の修正は、スコアメークの土台を作った。

「やっと振り切れるようになった。ロングアイアンやUTを持つ場面が多い中、それを続けられたのは良かった。ティショットも怖いものもなかったし、アイアンも良かった」とうなずいた。4バーディ、1ボギーの「68」をマークした大会メインコースのサイプレスクリークは距離が長く、初日のアンダーパーは8人だけだった。フェアウェイから狙えたセカンド以降のショットにも好感触を示し、グリーン周りでウェッジを握ったのは1回に抑えられた。

総合力が試される舞台で、3アンダーの2位に「自分でもでき過ぎなくらい安定したゴルフ」と自己評価した。「下りは手前10cmに止めるように。大オーバーもないしロングパットも1m以内には抑えられた」と前半18番は下り傾斜の15mを絶妙なタッチで寄せてパー。直後の1番では「ピンが手前なのでエッジに落として、下りでもいいから真っすぐのラインに」とフォローの風を計算してエッジまで138ydを8Iで打った。狙いも風の読みもハマり、ストレートラインのバーディパットを沈めた。

6番では、ジャストタッチで6mを沈めた。「良いスタート過ぎるので、なかったことにして」と冗談めかし、雷雲予報のため予定より1時間20分早い午前9時17分からジャックラビットを回る2日目に向け「貯金が3つできたと思いながらやる。あすはショットがどこかに行くかも知れないですし(笑)悪天候なので耐えて、耐えまくるしかないですね」。謙虚な言葉の中に覚悟も示した。(テキサス州ヒューストン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!