ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

【速報】畑岡奈紗は4打差追いサンデーバックナインへ

2020/10/11 23:44


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 最終日(11日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

畑岡奈紗は待望のメジャータイトルへ、首位と4打差でサンデーバックナインに入った。6打差10位で出て、前半を1イーグル2バーディ、ボギーなしの「31」(パー35)とし、通算5アンダー。

<< 下に続く >>

出だしの1番で、2打目を直接入れてイーグルを奪う衝撃の発進。3番でピン左2mにつけ、さらに伸ばした。

6番では右2mを決めきれず、もどかしい。打ち下ろしの8番(パー3)では、微妙な距離のパーパットを沈めてしのいだ。9番(パー5)で3mを沈めた。

キム・セヨン(韓国)が7ホールを終えて、通算9アンダーの首位に立っている。

河本結は1つ伸ばし、通算5オーバーでハーフターン。渋野日向子(6ホール終了)、野村敏京(5ホール終了)は11オーバー。

【速報】畑岡奈紗パー4イーグルで発進!/全米女子プロ

◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 最終日(11日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

首位と6打差の1アンダー10位で発進した畑岡奈紗は、出だしの1番(パー4)で2打目を直接たたきこんでイーグルとし、通算3アンダーとして発進した。

曇り空の下、赤いシャツの下に白い長そで、濃紺のパンツを合わせた。1Wでのティショットはフェアウェイをとらえた。2打目はグリーンに着弾して数バウンドし、最後の一転がりでカップに吸い込まれた。

河本結は2ホールを終えて、通算5オーバー。渋野日向子は午前9時(日本時間午後10時)、野村敏京は午前9時1分(午後10時1分)と米国のテレビ事情に合わせ、スタートが最終組より後となる。

悪天候の予報のため、全組が午前9時過ぎまでにスタート。3日目を終え、キム・セヨンが通算7アンダーの首位に立ち、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)とアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が2打差で追う展開となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!