ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

“ベタ足”イメージで復調 畑岡奈紗「勝ちにいきたい」

2020/10/11 10:05


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 3日目(10日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

畑岡奈紗は6打差10位からの大逆転だけを目指して最後の18ホールに臨む。「今までは優勝したい気持ちよりも、まずは予選通過して徐々に上げていく感じだった。(でも今はコロナ禍で)試合数も少ないので、ひとつでも優勝できればという気持ちでやっている。メジャーに関わらず、勝ちにいきたい気持ちはある」と初日のティオフから目線はぶれない。

<< 下に続く >>

必須となる日曜日のビッグスコアへ、ティショットの復調は心強い。パー3を除く14ホールでフェアウェイを外したのは3ホールだけ。前日は右へのミスからボギーにつながる場面もあったが、「切り返しのところで、きのうまでは上半身から下りてきてしまっていた。下半身リードでダウンスイングをして、ベタ足じゃないですけど、インパクトまで右足が早く浮きすぎないようなイメージでやっていました」と修正ポイントを明快に語る。

7番のボギー先行から9番(パー5)で2オンに成功して取り返し、続く難関10番では会心のプレーを披露。飛距離も十分の1Wショットでフェアウェイを捉え、2打目を9Iでピンそば30㎝に絡めた。3日目のこのホールではマリア・ファッシ(メキシコ)と2人しかいないバーディを奪い、14番(パー3)も獲って「68」とした。

コースが違うとはいえ、「64」「65」と過去2大会連続で爆発している「全米女子プロ」最終日。特に2年前は9打差を追いついた。「毎年コースは変わるけど、今年に関してはすごくショットが大事なコース。自分はショットが得意なので、まだ、あしたチャンスはあるのかな。バーディだけを狙いにいって、たくさん重ねられるように。相性がいい大会なので、あしたこそビッグスコアを出せるように頑張ります」と期待を胸に挑む。(ペンシルベニア州ニュータウンスクエア/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!