ニュース

米国女子AIG女子オープン(全英女子)の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 AIG女子オープン(全英女子)
期間:08/20〜08/23 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

「バーディホール」「ダボ、トリも」 “郵便切手”の攻め方は

◇メジャー第1戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 事前(19日)◇ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)◇6649yd(パー71)

男子メジャー「全英オープン」を9度開催してきたロイヤルトゥルーンGCで女子メジャーが初めて開催される。名物ホールはポステージスタンプ(郵便切手)の異名を持つ、8番パー3。小さい縦長グリーンに向けて打ち下ろす114ydは、深いガードバンカーが選手にプレッシャーを与える。

<< 下に続く >>

好天が続いた事前ラウンドで「ウェッジを握れるから、バーディホールだと思う」と言ったのはチャーリー・ハル(イングランド)。「風次第で変わると思うけど、それよりもトリッキーなホールがたくさんあると思う」と他ホールへの攻め方に目を向けた。

同じくリンクスコースで開催された前週の「ASIスコットランド女子オープン」を制し、3年ぶりに優勝したステーシー・ルイスは「アグレッシブに行くこともできるけど、ダボにもトリにもなる。みんなの興味を引くのは100yd強という数字だろうけど」。2年前の全英覇者ジョージア・ホール(イングランド)は「グリーンは外したくない。どのピン位置でもハーフショットで中央に置いて2パットが理想かなと思っている」と堅実な見解を示した。

17日(月)の練習ラウンドで、同ホールのバンカーショットを確認したという渋野日向子は「テレビで見る以上に(ホールの)狭さを感じましたね」と難しさを体感。畑岡奈紗は「PWとかで球が高くなると風の影響を受けやすくなるから、風の読みが大事。とくにグリーンが小さいので左右のバンカーに入れないように」と警戒ホールと見ている様子だ。

メジャー初挑戦になる河本結は事前ラウンドのように風がない場合は「普通のショートホール」としたが、初日から天候が荒れる予報を見据え「そうなったら、自分がどういうゴルフができるのか、どういうショットが打てるのか楽しみです」と述べた。ツアー再開後2連勝と好調のダニエル・カンは「グリーンを外すことは許されない。欲張りすぎてもいけない。グリーンに乗せるだけでもOKな気がする」と語った。

「バーディホール」にも「ダボにもトリにもなる」8番。風が難易度を大きく動かす。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 AIG女子オープン(全英女子)




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!