ニュース

米国女子セーフウェイインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 セーフウェイインターナショナル
期間:03/27〜03/30 スーパースティションマウンテンG&CC(アリゾナ州)

桃子、苦しいスタート「パターが・・・」

「コース的には自分に合うと思っていたけど、思った以上に伸ばせなくて残念です」。米国女子ツアー第5戦「セーフウェイインターナショナル」初日を2バーディ5ボギーの「75」、通算3オーバー116位タイで終えた上田桃子は悔しそうな表情を浮かべた。

「パターが決まりませんでした」。3番ではティショットを左に曲げて3オン2パットのボギー。5番からは2m以内のパーパットをことごとく外して3連続ボギーとした。

国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」に出場後、宮崎でミニ合宿を行った上田。その際、男子プロらを見て、「肩と手だけでパッティングをしている」と、体が動いてしまう自分のストロークに修正を施したが、それがまだしっくりこないという。

連日、遅くまでパター練習を繰り返している上田だが、日本と違って4日間大会が多く、移動時間も長い米ツアーでは、あまり練習しすぎても体力を消耗してしまう。「あまり効率の良い練習が出来ていないです」と、新しい環境への慣れも課題の一つだ。

それでも飛距離ではこの日一緒に回ったアニカ・ソレンスタムローラ・デービースにも引けを取らない。「予選通過を目指して、アンダーを出したいです」と、2日目に向け巻き返しを誓った。

関連リンク

2008年 セーフウェイインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~