ニュース

米国女子AIG全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 AIG全英女子オープン
期間:08/01〜08/04 ウォーバーンGC(イングランド)

日本女子ゴルファーのメジャー戦歴を振り返る

◇海外女子メジャー◇AIG全英女子オープン 最終日(4日)◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585yd(パー72)

渋野日向子が日本人史上2人目の女子メジャー制覇を成し遂げた。1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来2人目の快挙。最終日は単独首位からスタートし、一時はその座を失ったものの、最終18番でバーディパットを決めて「68」をマーク。通算18アンダーとして後続を1打差で振り切り、20歳はキャリアで初めての海外試合で岡本綾子宮里藍らが阻まれ続けた高い壁を飛び越えた。

<主な日本人女子メジャー成績>

樋口久子/最高位:優勝

1977年「全米女子プロゴルフ選手権」で2位に3打差をつける通算9アンダーで優勝。これが男女含め日本勢初のメジャー制覇。2013年に男子シニアメジャー「全米シニアプロゴルフ選手権」で井戸木鴻樹が優勝した。男子レギュラーでのメジャー覇者はいない。

岡本綾子/最高位:2位

1987年「全米女子オープン」で三つどもえのプレーオフに進出したが、敗れて2位。89、91年の「全米女子プロゴルフ選手権」など6試合で2位になった。

宮里藍/最高位:3位

2006、10年の「全米女子プロゴルフ選手権」で3位に入った。09年の「全英女子オープン」でも3位。

宮里美香/最高位:2位

2012年「全米女子プロゴルフ選手権」で2位。同年「全米女子オープン」では7位、「全英女子オープン」は4位に入った。

畑岡奈紗/最高位:2位

2018年の「全米女子プロゴルフ選手権」(KPMG女子PGA選手権)でパク・ソンヒョンユ・ソヨン(ともに韓国)とのプレーオフに突入。1ホール目で脱落し、2位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 AIG全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。