ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

今季最終戦を戦ったプロ・プロコンビ!

先週の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、韓国のキム・スンヒョグと、ホ・インヘのキャディを美人の彼女がつとめる熱々コンビが話題になるなど、今年最後の晴れ舞台とあって、お祭りムードで盛り上がったがこちらは、プロ・プロコンビで頑張った。

藤本佳則のバッグを担いだのは、塩見好輝(しおみこうき)。今季、初シード入りを果たしたばかりの“新顔”が「日頃の恩返しと、将来の勉強」をかねて、ついてきた。

東北福祉大ではひとつ先輩だった藤本。プライベートでは「よっくん」と呼んで慕う仲良しは、このオフも恒例のグアム合宿で、一緒に切磋琢磨する予定だ。

藤本には「お前がおらんと俺、あかんわ」と言われたほど。絶大の信頼を得て、先週はキャディをつとめることになった塩見だが、「ここのグリーンはダメ・・・。僕には読みきれない」と、もっぱら風やクラブの番手選びのサポートに徹して、先輩を支えた。

選ばれし者たちだけが出られるこのツアー最終戦。「いつか自分も」と塩見も目標にするからには、「まだまだ。自分に甘い。もっと厳しくゴルフに取り組んでいかないと」と、先輩のバッグを担ぎながら自身も気が引きしまる。

ファイナルQTランク33位の資格で本格参戦を果たした今季は、出場18試合で2度のトップ10入り。賞金ランキングは67位で、上位61人から75人のいわゆる「第二シード」の枠に潜り込み、初シード入りを果たした。

「自分はまだまだなのに。こんなゴルフでも、シード入りが出来た」とその点では大いに自信をつけて「もっと頑張れば、来年はもっと上に行けそう」。

24歳の新星イケメンプロの今年の活躍にご注目を!

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!