ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

<大洪水に苦しむタイ出身、プラヤド・マークセンがシーズン最後に日本にお見舞い>

2011/11/28 07:23

今年は東日本大震災に始まり、国内外で数々の災害に見舞われた1年だった。もっとも記憶に新しいところでは、タイの大洪水だろう。ジャパンゴルフツアーにも、タイの選手がたくさん参戦しており、気にかけてくださっていたファンのみなさんも多かった。

「ご心配をおかけしました」と、頭を下げたのはベテランのプラヤド・マークセン。2週間ぶりに来日したダンロップフェニックスで、母国の現状を教えてくれた。

「幸い私の家は、玄関に少し水が入ってきたくらいで済みました」と、マークセン。しかし、親友のブーンチュ・ルアンキットや、タワン・ウィラチャンの自宅は「首まで浸かった」。外出もままならず、やむをえないときはボートで移動したという。

「私の家は、10月から土嚢(どのう)を積みました。それが、役に立ってくれたと思います」と、マークセンは振り返る。「妻や子供は、被害のなかったホアヒンの実家に今も“疎開中”です。まだまだ不便はありそうですが、みんな無事で本当に良かった」と、安堵するにつけてなおさら思い浮かぶのは、東北の被災地のことだという。

「私たちの国はたしかに水浸しにはなりました」。しかしそれも次第に引きはじめ、次は疫病などの流行が、不安の種ではある。「それでも、大切な家族も家も、残っています。だけど、津波はすべてを奪っていったんですよね」と、沈痛な面持ちで俯いたマークセン。「僕らの国も大変な目に遭いましたが、きっとまた徐々に元の生活に戻れると思います。日本もそうなることを、心から祈っています」。形は違えど、自身もやはり大きな苦難に遭ったからこそ、なおさらシーズン最後に言わずにはいられなったようだ。

※母国も大規模な水害に見舞われながら今季は2年ぶり10度目となる賞金ランキングによるシード権を取り戻したマークセン。タイは微笑みの国。「苦しいことも、笑っていればきっと乗り越えられます」と、マネージャーの上江洲さん(左)と今日もニッコリ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。