ニュース

国内男子アジア・ジャパン沖縄オープンの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

「やっつけてやろう、と」 <高山忠洋> アジア・ジャパン沖縄オープン

2005/12/19 12:00

地元・沖縄の星、宮里聖志を向こうに回しての優勝争い。まして、この日最終日は同じ組でのプレー。自分のほうが良いショットを打っても、近くに寄せても、あきらかに拍手は少ないと感じたが、「アウェー」での戦いであることは、初めから承知していた。

いつも明るく、前向きな性格。そのことで、くよくよ思うことはなかったが、通算8アンダーで2人並んで迎えた18番。
高山が2メートルのバーディパットを外したとき、満員のスタンドから拍手が起きたのだ。
「さすがに“それはないだろう”と思ったけれど。逆に、それで火がついた。なにくそ、と思った。やっつけてやろう、と」。

同時に、全身からアドレナリンが吹き出していた。そのせいで、プレーオフ1ホール目の第2打をグリーン奥のラフに打ち込んだが、それも天性のひらめきで切り抜けた。
左足上がりの、足場の悪いライ。こんなときはいつも、引っ掛けてオーバーさせたり、とんでもない方向へ行ってしまうことが多かった。
慎重に何度か素振りをするうちに「ライ角をフラットにして打てば、方向性が出せる」と気がついた。サンドウェッジでの第2打は、イメージどおりのアプローチができた。1.5メートルに寄せてパーセーブ。

2ホール目は容赦しなかった。
残り133ヤードの第2打は、8番アイアンで左奥5メートル。
アッパーカットのド派手なガッツポーズは、バーディパットのカップインさえ待てなかった。
ボールが下りのスライスラインをなぞり、カップ手前50センチに差し掛かるころに「入る」と確信した。その瞬間、「計算する余裕もなく、無我夢中だった」。歓喜に、体が自然と反応していた。

聖志の連覇を阻止するツアー通算2勝目は、初優勝をあげた今年の開幕戦『東建ホームメイトカップ』に続いてプレーオフでの勝利。
アジアンツアーと日本ツアーの共同主管で行われた今大会は、年内最後の開催ながら来シーズンの賞金ランキングに加算される。
2005年の最初と最後をきっちりと締めつつ、いわば2年連続で年の初めにあたるトーナメントを制したかっこうに、「これからは“開幕戦男”と、呼んでください!」。
声高らかにアピールした。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 アジア・ジャパン沖縄オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。