ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの共通点<P.シーハン、三橋達也>

2005/08/29 09:00

名前を間違って呼ばれるのは、誰でも不愉快なもの。ツアープレーヤーのポール・シーハンと、三橋達也がいま、わりと頻繁にその被害に遭っている。シーハンがよく間違えられるのは、名前の頭文字と苗字が同じの女子プロゴルファー、パティ・シーハン選手だ。世界ゴルフ殿堂入りを果たした偉大なプレーヤーとはいえ「パティ、頑張れ!」などとプレー中に屈託なく呼ばれると、さすがに気も滅入ってしまうと思うのだが、シーハンは明るく笑ってこう言った。

「なに、構わないよ。いちいち、気にしていても仕方ないしね・・・。それなら、良いプレーをして名前を売ればいいと考えれば、逆に頑張れるものだし」と、プラスに受け止めるようにしているそうだ。

一方、三橋の場合は、よく間違われるのがその読み方。「みつはし」が正しいのだが、今は亡き歌手の三橋美智也さんや、俳優で漢字が一緒の三橋達也さんなどそちら読み方のほうが一般的なのか、98%くらいの確率で初対面の人には「みはしさん」と呼ばれてしまう。ある大会でスコアラーの方にそう呼ばれたときに、「違いますよ」と訂正したら動揺したのかその方、今度は「みつばちさん」などと言ってしまい、「とうとう、僕もハチになったか・・・」と、しょげ返っていたこともあった。

「そうやって前はいちいち言い直していたけれど、最近はめんどくさくって。『もういっかな~』って(笑)。たまに気が向いたら訂正するけどそれよりもね、一番いいのはゴルフで活躍して名前を覚えてもらうことでしょうね」と結局、三橋もシーハンと同じ考え方で自分を納得させるしかないようだった。

彼らのほかにも、同じような苦悩を抱えている選手がチラホラ・・・。ファンのみなさんはぜひ、ホームページの選手プロフィールのところで読み方をチェックするなどして、正しい呼び方で声援を送ってみてはいかが。

提供
おすすめ記事通知を受け取る



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。