ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのTVデビュー<高山忠洋>

2005/08/15 09:00

サン・クロレラクラシックで、高山忠洋が“デビュー”を果たした。大会3日目のテレビ中継で、ゲストプレーヤーとして生まれて初めて放送ブースに座ったのだ。前日のうちに放送局から要請があったときはいつもの人の良さで、二つ返事で引き受けた高山だったが、いざカメラを前にすると「いったい、何を話せばいいのやら・・・」と、戸惑うばかり。

「とりあえず、自分は話題をふられたらそれに答えてうまく話せばいいかな」と考えて、モニターでゲーム展開をぼんやりとチェックしながら“出番”を待っていると、「まさか今は話しかけられないだろう」という場面でふいに、実況のTBSアナウンサー・松下賢次さんから話しかけられ、今度は大慌て。

心の準備もできておらず、すっかり動揺した高山は「ものすごい勢いで、鼻息をマイクに吹きかけてしまって・・・。すごい恥ずかしかったですよ。テレビの前で上手に喋るって、ほんとうに難しいですね」と、照れくさそうに頭をかいた。

それでも、高山のコメンテーターぶりは視聴者のみなさんの受けもよく、放送後は「今日出ていた高山プロにファンレターを出したいけれど、どうしたらいいか」といった問い合わせがいくつかあったそうだ。

初メジャーを踏んだ7月の全英オープンでは、しっかりと最終日まで戦い抜いて認知度も急上昇だが、「いやいや・・・まだまだ」と、謙遜した高山。

トーナメントで起こったルール裁定の実例

<サン・クロレラ クラシック>

最終日、6番ホール(パー5)のセカンド地点で競技委員要請がある。左のラフで球探しをしているときに、そのプレーヤーのキャディがラフにあった球を蹴飛ばしてしまったとの事であった。

競技委員の裁定は、動かされたのが5センチほどで元の位置が分かるということだったので1ペナルティでリプレースするようプレーヤーに伝えた。規則18-2a読者の皆さん、夏の季節はラフが深いです、球探しは慎重に!また、自分のキャディのミスは全てそのプレーヤーにつきます。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。