ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアー通算2勝目<星野英正>コカ・コーラ東海クラシック

2006/10/02 09:00

2003年の中日クラウンズで、涙、涙の初優勝。
あれから3年。
さらなるレベルアップを求め、スイング改造に取り組み、得意の小技に磨きをかけて、数え切れないほどの優勝争いも経験してきた。

毎年、安定した成績を残し、今年はこれまで、出場16試合ですべて予選通過。
トップ5入り5回。
勝ち星0ながら、前週までの賞金ランクは10位。
「・・・あと、勝つには運だけだった」。
満を持してこの日を迎えた。

待望のツアー通算2勝目は、再びこの地で。
満員のギャラリーに向かって真っ直ぐに視線を投げて、ひときわ声を張り上げた。
「ここには、きっと何かがある。・・・愛知県が、大好きです!!」。

難攻不落の三好で、ただひとりアンダーパーに「今回は、本当の実力で勝った」。
ふてぶてしくもそう言い放ったが、実ははじめ、手ごたえはまったくなかった。

2週前のANAオープン初日の朝だ。
首に激しい痛みを感じた。
車の乗り降りはおろか、寝返りも打てない状態。やむなく欠場するしかなかった。
懸命の治療で翌週には復帰したが、「今もまだ違和感が残る」。
そんな状態で優勝など想像もつかない、というのが正直なところだった。

しかしこの日最終日。
右ドッグレッグの2番で「火がついた」。
パー5から、今年475ヤードのパー4へ。難易度1位に生まれ変わったこのホールでバーディを奪った。
残り165ヤードの打ち上げの第2打を、6番アイアンでピン奥5メートルにつけたことで「難しいセッテイングだからこそ、僕のアイアンの正確性が有利になる」。
そう確信した瞬間に、星野が燃えた。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

2006年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!