ニュース

国内シニア富士フイルム シニア チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

シニアツアーのエージシュートはどれくらい珍しい?

2018/11/02 21:30


◇国内シニア◇富士フイルム選手権 2日目(2日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇6991yd(パー71)

68歳の高橋勝成が、最終18番(パー5)で残したピン奥2mのバーディパット。自身シニアツアー4回目のエージシュート(年齢以下のストローク数)をかけた1打は惜しくもカップを逸れて悔しがり、この日2アンダー「69」でホールアウトした。

報道陣はドキドキしながらバーディパットを見守ったのだが、アテストを終えた高橋の「いま知ったんだよ!もったいない!」の言葉に、ちょっぴり拍子抜け。「パー71だから、3つ(3アンダー)でいいんだよね」と苦笑いしていた。

レギュラーツアーでのエージシュート達成は、尾崎将司が2013年「つるやオープン」第1ラウンドで「62」(当時66歳)、17年「ホンマ・ツアーワールド・カップ」第2ラウンドで「70」(同70歳)を記録した2回だけで、その快挙が大きく報じられた。

50歳以上が出場するシニアツアーではどうだろうか?

資料を調べたところ、1988年のツアー制施行から31年間で9人(計24回)が達成した。今季はこれまで、77歳の謝敏男(台湾)が5月の「フーボン・ヨートク シニアカップ」第2ラウンドに「76」、最終ラウンドに「77」を記録した。17年も小川清二、海老原清治(2回)、高橋勝成の3人が達成した。

最多は青木功の9回となっている。(茨城県稲敷市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。