ニュース

国内シニア富士フイルム シニア チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

今季シニア最終戦のマークセンが首位に浮上

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 2日目(2日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇6991yd(パー71)

15位から7打差を追ってスタートしたプラヤド・マークセン(タイ)が7バーディ、1ボギー、この日ベストの「65」をマーク。通算5アンダーで田村尚之と首位に並び、大会連覇と今季6勝目に前進して最終日を迎える。

3年連続の賞金タイトルを決めて乗り込んだディフェンディング大会。11月下旬から米国シニアツアー(チャンピオンズツアー)のファイナルQTに挑戦することもあり、今週が今季の国内シニアラストゲームとなる。現在は「アメリカ用に」1インチ伸ばした1Wシャフト(45インチ)を試すなど、月末の戦いに向けても準備を進めている。

今週130万円以上を加算すれば、自身が昨季に記録したシニアツアー年間最高賞金額(7000万4791円)を更新する。単独11位以上が最低条件となるが、このビッグスコアで優勝の現実味も帯びてきた。「このまま良いプレーができれば(最高額を)更新できると信じているし、あした5アンダー出せれば勝てると思う」と、有終のフィニッシュを頭に描いた。

単独首位から「72」とした田村は、マークセンに並ばれながらもリーダーボードトップの座を死守。2016年大会以来となるツアー通算2勝目をかけて、強敵との優勝争いに臨む。

通算3アンダーの3位にバリー・レーン(イングランド)と久保勝美。通算2アンダーの5位に汪徳昌(台湾)とキム・ジョンドク(韓国)が続いた。8位発進の倉本昌弘は「75」と落とし、通算3オーバーの19位に後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。